日本ジオパークネットワーク(JGN)とは
日本国内のジオパークとジオパークをめざす地域をサポートし、ジオパークのネットワーキングの軸となる特定非営利活動法人(NPO法人)です。
ジオパークとは
「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。
活動状況
日本ジオパークネットワークの活動や調査報告、各種資料・情報をご覧いただけます。

ジオパークを探す

銚子ジオパークWEBサイト
  • 紹介・おすすめジオサイト
  • 拠点施設・情報
  • 概要
  • ガイド情報

銚子ジオパーク

銚子ジオパークの概要

銚子ジオパークは、千葉県最東端に位置しており、東京駅からJR特急で2時間弱程です。全ての見どころは、住宅地に近接し、安全かつ短い移動時間で、手軽に見て、楽しむことができます。海に面しているため、夏は涼しく、冬も比較的温暖な気候です。様々な地質年代の地層だけでなく、水産業、農業、醤油醸造等の産業や、縄文時代の遺跡や江戸時代から現代の人々の暮らしも見逃せません。

太平洋に突き出た大地の右腕

日本列島のちょうど扇の要の部分に相当する銚子の大地は、上空から見るとまるで腕のようです。『拳』は、県内では最も古い中生代の硬い地層が見られます。これと同じ地層は、東京では約3,000mの深さにあります。『腕』は、海底に堆積した泥や砂がその後隆起した大地です。この南側は、荒波によって大地が削られて、切り立った屏風ケ浦が形成されました。『袖』は、利根川に沿って、沖積平野が延びております。

銚子ジオパークの大地の恵み

銚子ジオパークの大地の恵み

銚子ジオパークは、地理的に恵まれた場所に位置しています。海に目を向けると、銚子沖は、黒潮と親潮及び利根川の影響を受けて、海藻類の種類が豊富です。また、好漁場が近くに存在し、銚子漁港における陸揚量は、全国一です。この魚を狙っている海鳥の観察にも適しています。陸に目を向けると、海岸植物の種類も豊富で、南方系や北方系の植物が混在しています。

学校の校外学習にぴったり!

学校の校外学習にぴったり!

このように銚子は、地形・地質、動植物、歴史・文化、産業等ジオパーク学習の素材にあふれております。ぜひご活用ください。

主な見どころ・おすすめジオサイト

■犬吠埼

関東最東端に位置する犬吠埼の大地は、「犬吠埼の白亜紀浅海堆積物」として国の天然記念物に指定されています。ここでは、約1.2億年前の水深が浅かったころの環境に特徴的な地質構造や生痕化石などが見られます。しかし、江戸時代から昭和初期頃にかけて、銚子石と呼ばれる砂岩が切り出されて、砥石として東京方面に運搬されて利用されておりました。また、犬吠埼沖は、初夏には霧が発生しやすく、冬季には低気圧が発達しやすく、風波が強まるため、海上交通の難所でした。そのため、1874年に灯台が建設されて、点灯しました。犬吠埼灯台は、世界灯台百選の一つです。

犬吠埼 写真01
   
犬吠埼 写真02 犬吠埼 写真03
アクセス情報銚子電鉄「犬吠」駅下車、徒歩10分

■犬岩・千騎ケ岩

犬岩は、犬の形をした巨大な岩体です。この犬岩と千騎ケ岩は、国の名勝及び天然記念物に指定されています。いずれも源義経に関する伝説が残されています。また、これらは、千葉県内で最古の地質時代(ジュラ紀)の岩体であります。犬岩の隣には、犬若岬という眺めの良い高台があります。江戸時代に全国を測量した伊能忠敬隊は、ここから富士山の方位を測量して、それまでの測量の精度を確認することが必要でした。しかし、銚子に来たのが晩夏であったため、海上の靄で、富士山を見ることができません。ついに9日目に富士山を測量できたので、とても喜んだと記録に残されています。

犬岩・千騎ケ岩写真01
   
犬岩・千騎ケ岩 写真02 犬岩・千騎ケ岩 写真03
アクセス情報JR銚子駅より千葉交通バス(千葉科学大学行き)終点下車、徒歩4分

■屏風ケ浦

屏風ケ浦は、長さ約10km、高さ約20-60mの海食崖で、国の名勝及び天然記念物に指定されています。ぜひ、この壮観な景色を眺めてみてください。ここでは、地層がほぼ水平に広がって、下から上に堆積していることもよくわかります。屏風ケ浦は、かつて、陸が現在よりも沖の方まで延びていました。ところが、大地が比較的柔らかいため、荒天時の波浪による浸食で、年間約1m陸地が後退してきました。現在は、消波ブロックの設置により、浸食が抑えられています。今後も、この大地の保護のあり方を考える必要があるでしょう。

屏風ケ浦 写真01
屏風ケ浦 写真02 屏風ケ浦 写真03
アクセス情報JR銚子駅より千葉交通バス(千葉科学大学行き)「千葉科学大学マリーナ前」下車、徒歩5分

■地球の丸く見える丘展望館・愛宕山

銚子ジオパークの最も高い場所に位置し、標高73.6mです。視界を遮るものがないため、ここから銚子ジオパークを一望することができます。周囲330度が海に囲まれ、水平線が広がって見えます。また、ここでは地球の丸さを実感することができます。入館料は大人ひとり380円です。この大地は、犬岩・千騎ケ岩と同じ千葉県内で最古の地質時代(ジュラ紀)の岩体であります。大きな地震で津波の原因となる大陸プレートと海洋プレートの境界付近で堆積した付加体です。この付加体という構造は、日本列島の骨格になっています。

地球の丸く見える丘展望館・愛宕山 写真01
   
地球の丸く見える丘展望館・愛宕山 写真02 地球の丸く見える丘展望館・愛宕山 写真03
アクセス情報銚子電鉄「外川駅」下車、徒歩13分

■千人塚・岩石公園

千人塚は、利根川右岸の河口部に位置しています。慶長19年(1914年)に、銚子沖で多数の人命が被害に遭ったとされる海難事故が発生したことに関連した石碑が立てられています。この辺りの海は、日本三大海難所の一つでした。特に、河口が北東方向に向いている利根川と、冬季の北東からの強風とがぶつかってできる三角波が危険でした。また、利根川河口の右岸側では岩礁(安山岩)、左岸側では砂による浅瀬であることも漁船の航行を困難にしておりました。そこで、漁船が安全に航行できるように、1960年代に岩礁を除去し、現在の岩石公園に設置しました。

千人塚 石碑
   
岩石公園 写真02 岩石公園 写真03
アクセス情報JR「銚子駅」より千葉交通バス(川口・ポートセンター行き)「川口千人塚」下車、徒歩2分

■銚子ポートタワー・夫婦ケ鼻

銚子ポートタワーは、高さ57.7mのツインタワーで、銚子漁港、太平洋、利根川方面が一望できます。銚子ポートタワーの位置には、明治41年(1908年)に、日本で初めて無線電信局が開設された場所です。関東最東端に位置する銚子は、太平洋航行中の船舶との間で、無線通信を行うのに適した場所でした。その後、移転する1939年まで使用されていました。この場所の地層は、日本が中国大陸東端から離れて、日本海が形成された頃に堆積しました。同時代の地層は、国内の陸地では、ここでわずかに見られるだけです。現在この周辺は、埋立地で、水産加工場となっています。

銚子ポートタワー
   
夫婦ケ鼻 写真01 夫婦ケ鼻 写真02
アクセス情報JR銚子駅より千葉交通バス(川口・ポートセンター行き)「ポートセンター(終点)」下車

■外川

外川漁港の歴史は、銚子漁港よりも古く、江戸時代の万治元年(1658年)に初期の漁港が完成しました。やがて、イワシ漁によって町は繁栄し「外川千軒大繁盛」と呼ばれるまでになりました。江戸時代にイワシ漁が盛んになった経緯は、近畿地方において、布団に使う綿の栽培のために、イワシを干した肥料(干鰯)が必要でした。近海ではイワシは枯渇してしまいました。その後、紀州の海民が黒潮に乗って、房総沖に好漁場を見出しました。はじめは、旅網としてやってきた海民も、その後、定住するようになりました。こうしてできた街並みの面影を今でも見ることができます。

外川漁港
   
外川の街並み 外川駅
アクセス情報銚子電鉄「外川駅」下車

■粟島台遺跡

粟島台遺跡は、ちば遺産100選のひとつであり、縄文時代(約6,000~3,500年前)の遺跡です。ここでは、銚子で採取された琥珀を加工して供給する拠点的な遺跡であったと考えられています。銚子産の琥珀は、関東だけでなく、山梨県や長野県でも利用されていた可能性があります。また、漆で文様を描いた土器も見つかりました。このことは、漆塗りの高い技術をもった職人がいたということになります。さらに、南方の椰子の実に漆を塗った容器も見つかったことから、黒潮の影響を受けた文化がうかがえます。

粟島台遺跡
アクセス情報JR銚子駅より千葉交通バス(千葉科学大学行き)「三本松」下車、徒歩約4分

■余山貝塚

余山貝塚は、縄文時代(約4,500~2,300年前頃)の遺跡で、銚子市史跡に指定されています。このころ、余山貝塚では、貝輪(腕に飾る装飾品)が多量に生産されていました。この貝輪は、比較的大きな貝(ベンケイガイやサトウガイ)にドーナツ状の穴を開けて使用しました。穴を開けるのに使用した道具は、銚子産の砂岩や安山岩だと考えられています。この貝輪は、他地域でも利用されていたようです。また、シカの角を利用した漁労具であるヤスやモリもたくさん見つかり、それで魚等を取っていました。銚子は、魚介類や道具の材料に恵まれていたのですね。

余山貝塚
アクセス情報JR銚子駅より千葉交通バス(豊里ニュータウン行き)「余山」下車、徒歩約5分

■小畑池

小畑池は、標高約10mで高神低地東端に位置します。現地調査によれば、津波堆積物が堆積していることがわかりました。一方、古文書によれば、1677年の延宝房総沖地震において、東側の君ケ浜から津波が侵入し、砂丘の松林を倒して、背後の小畑池に辿りついたことが記載されています。このときの津波の高さは、数値モデル実験による研究結果によれば、約17mだったようです。これは2011年東北地方太平洋沖地震による津波よりもはるかに高いです。やがてやって来るかもしれない大津波について、どう対処すべきか考えておく必要があるでしょう。

小畑池
アクセス情報銚子電鉄「君ケ浜」駅から徒歩約6分。またはJR銚子駅より千葉交通バス(外川行き)「池ノ端」下車

拠点施設

■銚子市青少年文化会館

〒288-0031 千葉県銚子市前宿町1046

TEL 0479-24-8911 FAX 0479-21-6622

■E-mail 

■ウェブサイト 銚子ジオパーク

銚子市青少年文化会館 写真01 銚子市青少年文化会館 写真02

■銚子ジオパークビジターセンター

銚子駅から北方の利根川方向に向かって徒歩5分の場所に銚子セレクト市場(お土産店)があります。銚子ジオパークビジターセンターは、その中の一角に位置しています。ここで、笑顔いっぱいで地元を熟知したジオガイドが、銚子ジオパークのジオサイト(見どころ)の展示の紹介やジオサイトへの道案内などをしております。営業時間は9:00-17:00です。入場料は無料です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

〒288-0048 千葉県銚子市双葉町3-6

TEL 0479-26-4328

銚子ジオパークビジター センター写真01 銚子ジオパークビジター センター写真02

基本情報

ジオパーク名:銚子ジオパーク

ジオパーク名(英語表記):Choshi Geopark

団体名:銚子ジオパーク推進協議会

代表者名:越川信一

構成自治体名:千葉県銚子市

推進組織体制

構成団体

銚子市、銚子市教育委員会、銚子地方気象台、千葉県銚子漁港事務所、千葉県銚子土木事務所、千葉科学大学、銚子市文化財審議会、株式会社エリアサポートジャパン302企画室、銚子市町内会連合協議会、銚子ジオパーク推進市民の会、銚子市文化団体協議会、銚子市郷土史談会、銚子ボランティアガイド観光船頭会、NPO法人ナルク銚子くろしお、銚子商工会議所、一般社団法人銚子市観光協会、一般社団法人銚子青年会議所、銚子市旅館組合、銚子民宿組合、NPO法人銚子まちづくり協会、ヤマサ醤油株式会社、ヒゲタ醤油株式会社、銚子駅前商店街振興組合、銚子銀座商店街振興組合、有限会社銚子海洋研究所、利根コカ・コーラボトリング株式会社銚子支店、銚子水産観光株式会社、銚子市漁業協同組合、ちばみどり農業協同組合銚子支店、東日本旅客鉄道株式会社銚子駅、千葉交通株式会社、銚子電気鉄道株式会社、銚子地区ハイタク運営協議会、銚子信用金庫、銚子商工信用組合

お問合せ先

■銚子ジオパーク推進協議会事務局

〒288-0031 千葉県銚子市前宿町1046 銚子市青少年文化会館内

TEL 0479-24-8911 FAX 0479-21-6622

■E-mail 

■ウェブサイト 銚子ジオパーク

ガイド情報

■銚子ジオパーク推進市民の会

銚子ジオパーク進協議会と連携し、銚子の地質遺産(犬吠埼、屏風ケ浦、犬岩等)、生態系(野鳥、海岸植物、魚介類)、遺跡(余山貝塚・粟島台遺跡)及び歴史的建造物(犬吠埼灯台・外川の街並み)等の見どころについて、市内外に向けて通年でお客様をご案内しております。また、広くジオパーク活動の普及に努めるとともに、他のジオパークと交流・情報交換し、定期的に勉強会や清掃活動等を行い、地質遺産の保護を図っています。

お問合せ先

〒288-0812 千葉県銚子市栄町3-1573-2 茂木洋佑(事務局長)方

TEL 0479-22-6434 FAX 0479-22-6434

■E-mail 

■ウェブサイト 銚子ジオパーク推進市民の会

夏休み自由研究ツアー
夏休み自由研究ツアー
犬岩での集合写真 犬若岬の海岸清掃
犬岩での集合写真 犬若岬の海岸清掃