日本ジオパークネットワーク(JGN)とは
日本国内のジオパークとジオパークをめざす地域をサポートし、ジオパークのネットワーキングの軸となる特定非営利活動法人(NPO法人)です。
ジオパークとは
「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。
活動状況
日本ジオパークネットワークの活動や調査報告、各種資料・情報をご覧いただけます。

ジオパークを探す

おおいた姫島ジオパークWEBサイト
  • 紹介・おすすめジオサイト
  • 拠点施設・情報
  • 概要
  • ガイド情報

おおいた姫島ジオパーク

おおいた姫島ジオパーク

姫島

おおいた姫島ジオパークは、姫島を中心とした海域を含む東西14km、南北6kmの範囲であり、「火山が生み出した神秘の島」をテーマとして2013年に日本ジオパークに認定されました。

おおいた姫島ジオパークのみどころ

約30万年前以降の火山活動によって生まれた4つの小島が砂州でつながって一つになった島

姫島は、約30万年前以降の火山活動によって生まれた4つの小島が砂州でつながって一つになった島で、随所にみられる火山活動の痕跡や、砂州の地形を利用して発達してきた産業、生態系など、コンパクトな島内にたくさんのみどころがあります。また、神秘さを色濃く残す姫島の歴史や文化、人々の暮らしの景観もまた、おおいた姫島ジオパークの魅力です。

主な見どころ・おすすめジオサイト

■観音崎「姫島の黒曜石産地」(国指定天然記念物)

島内随一の景勝地である観音崎は、黒曜石の断崖がみられます。この黒曜石は、城山火山をつくる溶岩の一部で、ガラス質な岩石です。0.2ミリほどのガーネットが含まれています。先史時代には石器に加工され、瀬戸内海を中心に広い範囲で流通しており、考古学的に大変重要であることから、平成19年に「姫島の黒曜石産地」として観音崎一帯が国の天然記念物に指定されました。この断崖の上には姫島七不思議のひとつ千人堂があります。

観音崎「姫島の黒曜石産地」(国指定天然記念物) 写真01 観音崎「姫島の黒曜石産地」(国指定天然記念物) 写真03
 
観音崎「姫島の黒曜石産地」(国指定天然記念物) 写真02
アクセス情報姫島港より北へ徒歩約25分

■大海のコンボリュートラミナ

屋根瓦のような模様が連なった「コンボリュートラミナ」は、地震等の揺れが加わったことにより地層が流動化し、層が乱されて形成される構造です。この露頭は「姫島の地層褶曲」として昭和34年に県の天然記念物に指定されています。このコンボリュートラミナ部分は、点々と露出する海蝕崖に100m以上にわたって連続してみられます。また、挟まれている火山灰層の年代から、この地層は約60万年前に堆積したものであることがわかっています。

大海のコンボリュートラミナ写真01 大海のコンボリュートラミナ写真01
アクセス情報姫島港より東へ自転車で約30分

■拍子水・金溶岩

姫島の名前の由来となったお姫様伝説にゆかりの「拍子水」と呼ばれる鉱泉が間断なく湧き出しています。泉温24.9℃、二酸化炭素を多く含む炭酸水素塩冷鉱泉で、飲用することができるほか、拍子水を利用した温泉施設で入浴することもできます。また、拍子水の周辺の崖には金火山の一部である金溶岩が露出しており、間近で観察することができます。金溶岩は粘性の強い溶岩の特徴である縞模様が観察され、数mm程度の黒い短冊状の結晶(角閃石)が含まれています。

拍子水・金溶岩 写真01
   
拍子水・金溶岩 写真02 拍子水・金溶岩 写真03
アクセス情報姫島港から東へ自転車で約40分

拠点施設

■離島センター「やはず」

郷土資料室には、姫島村で発見された化石や鉱物、遺跡の出土遺物、民俗資料などが展示されています。
 開館時間 8:30~17:00(年中無休)
 入館料 無料

〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1569-1

離島センターやはず 郷土資料室

基本情報

ジオパーク名:おおいた姫島ジオパーク

ジオパーク名(英語表記):Oita Himeshima Geopark

団体名:おおいた姫島ジオパーク推進協議会

代表者名:藤本 昭夫

構成自治体名:大分県姫島村

推進組織体制

お問合せ先

■おおいた姫島ジオパーク推進協議会

〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1630-1 姫島村役場内

TEL 0978-87-2282 FAX 0978-87-3629

■E-mail

■ウェブサイト : おおいた姫島ジオパーク

ガイド情報

※準備中