日本ジオパークネットワーク(JGN)とは
日本国内のジオパークとジオパークをめざす地域をサポートし、ジオパークのネットワーキングの軸となる特定非営利活動法人(NPO法人)です。
ジオパークとは
「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。
活動状況
日本ジオパークネットワークの活動や調査報告、各種資料・情報をご覧いただけます。

ジオパークを探す

おおいた豊後大野ジオパークWEBサイト
  • 紹介・おすすめジオサイト
  • 拠点施設・情報
  • 概要
  • ガイド情報

おおいた豊後大野ジオパーク

 豊後大野市は九州の東部、大分県の南部に位置し、面積は約603平方キロメートルと大分県で3番目に広い市となっています。市の中央を九州屈指の河川である大野川が流れ、周囲をくじゅう連山、阿蘇山、祖母・傾山系等の山々に囲まれた緑豊かな地域です。


阿蘇火山の巨大噴火

 今からおよそ9万年前、阿蘇火山が4回目の巨大噴火を起こしました。その規模は想像を絶するもので、噴火によって生じた巨大な火砕流は、豊後大野の大半の地域を埋め尽くしました。火砕流とは高温の軽石や火山灰などが高速で流れ下る現象です。数十メートルもの厚さでたまった火砕流は自らの熱で溶け、その後冷え固まって溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)と呼ばれる岩石となりました。その際に体積が収縮し、柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれる縦に長い無数のひび割れがはいりました。おおいた豊後大野ジオパークでは、このような溶結凝灰岩の柱状節理がいたる所で見られます。

滝や渓谷などの美しい景観と石造文化

 火砕流に埋め尽くされた大地には、再び川が流れ、川は徐々に大地を削り込んでいきました。柱状節理がはいった溶結凝灰岩は縦に長く割れるため、川には滝ができました。谷の両側は垂直な断崖となり、そこには溶結凝灰岩を利用して多くのアーチ式石橋が架けられました。また溶結凝灰岩の崖のうち、比較的柔らかい部分には磨崖仏が彫られました。さらに、川に削り残された部分は「原(はる)」と呼ばれる台地となり、農耕の場となりました。このように、阿蘇火砕流によってもたらされたさまざまな恩恵と困難が、現在の豊後大野の文化を育んできたのです。

おおいた豊後大野ジオパークのテーマ

「巨大火砕流から9万年 生命(いのち)をつむぐ豊後の水と大地の彩り」

 豊後大野の大地は、今からおよそ9万年前に起きた阿蘇火山の巨大噴火による火砕流に埋め尽くされました。やがて水が流れ、命が生まれ、豊かな大地がよみがえりました。水と大地は命あるすべての源であり、そこで古くから営まれてきた「生活=いのちき*」とともに支え合い、繋がっています。 そのことを「彩り」という言葉で表現しました。

(*生業、生活を意味する大分方言)

主な見どころ・おすすめジオサイト

■原尻の滝(はらじりのたき)

 大野川の支流、緒方川にかかる滝で、幅は約120m、高さは約20mあります。約9万年前の阿蘇火山の巨大噴火による火砕流が冷えて固まった溶結凝灰岩の柱状節理が崩落してできました。滝の上流にある鳥居は、緒方三社のうちの二宮社の鳥居で、毎年初冬に行われる「川越しまつり」の際に神輿がこの鳥居をくぐります。また、上流には緒方盆地を潤す緒方井路(用水路)の取水口があります。

原尻の滝(はらじりのたき) 写真01
アクセス情報JR緒方駅からタクシーで5分。道の駅「原尻の滝」から徒歩3分。
車椅子での見学可。身障者用トイレあり。

■滞迫峡(たいざこきょう)

 滞迫峡は奥岳川沿いの峡谷で、約9万年前の阿蘇火砕流が冷えて固まった溶結凝灰岩の絶壁で囲まれています。崖の高さは70mにおよび、見事な柱状節理が見られます。また、谷底にはおよそ1,500万年前の火山活動でできた岩石が露出し、少し上流には火砕流で蒸し焼きになった炭化木が埋もれた洞窟もあります。

滞迫峡(たいざこきょう) 写真01
アクセス情報道の駅「原尻の滝」から車で約20分。駐車場、一般用トイレあり。
車椅子での見学は奥嶽橋上から可。

■出会橋・轟橋(であいばし・とどろばし)

 轟橋は昭和9(1934)年に森林鉄道の橋として架けられた2連のアーチ式石橋で、広いほうの径間(アーチの幅)が32.1mと日本一を誇ります。一方、出会橋は大正13(1924)年に架けられ、径間が29.3mと日本第二位です。下を流れる奥嶽川の両岸には、阿蘇火山の巨大噴火による火砕流が冷えて固まった溶結凝灰岩の柱状節理が見られます。

出会橋・轟橋(であいばし・とどろばし) 写真02
アクセス情報道の駅「きよかわ」から車で約20分。駐車場、一般用トイレあり。
車椅子での見学はそれぞれの橋上からのみ可。

■沈堕の滝(ちんだのたき)

 沈堕の滝は、大野川の本流にかかる雄滝と、支流の平井川にかかる雌滝からなります。雄滝は幅約100m、高さは約20mあります。原尻の滝と同様、約9万年前の阿蘇火砕流が冷えて固まった溶結凝灰岩の柱状節理が崩落してできました。室町時代に雪舟がここを訪れ、「鎮田瀑図」を描いたことでも有名です。また、明治42(1909)年に大分~別府間の路面電車を走らせるために建てられた発電所の跡も残されています。その後、発電量増強のために水量が減少していましたが、平成8(1996)年に滝の補強を兼ねた修景工事が行われ、往時の流れがよみがえりました。

沈堕の滝(ちんだのたき) 写真01
アクセス情報道の駅「おおの」から車で10分。道の駅「きよかわ」から車で5分。
駐車場、一般用トイレあり。車椅子での見学は県道26号沿いの展望所から可。

■白山渓谷(はくさんけいこく)

 白山渓谷は日本名水百選に選ばれた清流で、夏はホタルが乱舞することでも知られています。川沿いには阿蘇火砕流の柱状節理が見られ、変化にとんだ景観となっています。渓谷には轟木橋やほげ岩橋など、多くのアーチ式石橋が架けられています。また、阿蘇火砕流に出口をふさがれたことによって水没したとされる稲積水中鍾乳洞があります。

白山渓谷(はくさんけいこく) 写真01
アクセス情報JR三重町駅からタクシーで25分。道の駅「みえ」から車で30分。
道の駅「きよかわ」から車で20分。車椅子での見学可(ただし河原には降りられません)。

■菅尾磨崖仏(すがおまがいぶつ)

 磨崖仏とは崖に直接彫られた仏像のことです。菅尾磨崖仏は平安時代後期に作られた磨崖仏で、約9万年前の阿蘇火砕流の溶結凝灰岩に彫られています。向かって左から千手観音菩薩、薬師如来、阿弥陀如来、十一面観音菩薩の各坐像と、右端に毘沙門天立像が彫られており、京都や奈良の木造の仏像と比べても遜色のない、非常に精緻な作りとなっています。国の重要文化財に指定されており、豊後大野の数多くの磨崖仏の中でも代表的なものです。

菅尾磨崖仏(すがおまがいぶつ) 写真01
アクセス情報JR菅尾駅からタクシーで5分。道の駅「みえ」から車で5分。
駐車場・一般用トイレあり。駐車場から磨崖仏まで急坂・階段を登るため、車椅子での見学はできません。

■手取蟹戸(てどりがんど)

 手取蟹戸は大野川の急流で、約1億年前に海底で堆積した大野川層群という地層が露出しています。地層は地殻変動で大きく傾き、戸板を立てたように見えます。江戸時代に岡藩により編纂された「豊後国志」にも「巨石無数にして龍が臥せ、虎が伏しているが如し」と書かれています。手取蟹戸の名前の由来については、流れが急で、蟹も流されないように岩の上を歩くため、その蟹を手で取ることができたことから名づけられたと言われています。

手取蟹戸(てどりがんど)写真01
アクセス情報JR菅尾駅からタクシーで5分。道の駅「みえ」から車で5分。
駐車場、一般用トイレあり。車椅子での見学はできません。

■犬飼港跡(いぬかいみなとあと)

 犬飼港は、江戸時代の初めごろに造られた川港です。当時、大野川の上流に領地のあった岡藩は、下流の三重町付近が臼杵藩の領地であったため、この犬飼までは陸路を移動し、ここから船で大分方面に向かっていました。河床には大野川層群と呼ばれる約1億年前に海底に堆積した硬く切り立った地層が露出しており、これを平らにするために阿蘇火砕流の溶結凝灰岩を切り石にして敷き詰めています。

犬飼港跡(いぬかいみなとあと)写真01
アクセス情報JR犬飼駅から徒歩10分。道の駅「みえ」から車で約15分。
駐車場、一般用トイレあり。車椅子での見学可。

■普光寺磨崖仏(ふこうじまがいぶつ)

 普光寺の境内に彫られた磨崖仏は、高さが8mとも11mとも言われ、国東半島の熊野磨崖仏とともに日本最大級の磨崖仏です。豊後大野の多くの磨崖仏が約9万年前の阿蘇火山の4回目の火砕流に彫られているのに対し、この磨崖仏は約12万年前の3回目の火砕流に彫られています。磨崖仏に向かって右側には2つの大きな岩窟があり、懸崖造りの舞台や護摩堂が建てられています。

普光寺磨崖仏(ふこうじまがいぶつ)写真01
アクセス情報JR朝地駅からタクシーで10分。道の駅「あさじ」から車で15分。
駐車場・一般用トイレあり。車椅子での見学は、本堂前からの展望のみ可。

拠点施設

■豊後大野市歴史民俗資料館

大分県豊後大野市及びその周辺の歴史民俗に関する資料の保存と活用を図り、旧緒方町立歴史民俗資料館(昭和59年3月20日建築)を利用し、平成17年3月31日に豊後大野市歴史民俗資料館が設置されました。 資料館では、考古・古文書・民俗・鉱石・化石など様々な資料を収蔵・展示しており、ふるさとの文化・産業の発展や先人たちの知恵を学ぶことができます。また、平成25年9月に日本ジオパークの認定を受けたことに伴い、おおいた豊後大野ジオパークの拠点施設も兼ねています。

〒879-6643 大分県豊後大野市緒方町下自在172

TEL0974-42-4141 FAX 0974-42-2705

■E-mail [email protected]

■ウェブサイト 豊後大野市

豊後大野市歴史民俗資料館 写真01
   
豊後大野市歴史民俗資料館 写真02 豊後大野市歴史民俗資料館 写真03

基本情報

ジオパーク名:おおいた豊後大野ジオパーク

ジオパーク名(英語表記):Oita Bungoono Geopark

団体名:おおいた豊後大野ジオパーク推進協議会

代表者名:会長 川野 文敏

構成自治体名:大分県豊後大野市

推進組織体制

構成団体

豊後大野市・豊後大野市議会・豊後大野市教育団体・豊後大野市商工会、大分県農業協同組合大野事業部・豊後大野市社会福祉協議会・豊後大野市、自治会連合会・豊後大野市女性団体連絡協議会・ぶんご大野里の旅公社

お問合せ先

■豊後大野市役所 商工観光課

〒879-7198 大分県豊後大野市三重町市場1200 豊後大野市役所 商工観光課内

TEL 0974-22-1001 FAX 0974-22-3361

■E-mail [email protected]

■ウェブサイト おおいた豊後大野ジオパーク

ガイド情報

■おおいた豊後大野ジオパークガイド

ジオパーク内の観光や教育を目的としたツアーでガイドを行っています。ジオパーク内の自然遺産、歴史遺産、文化遺産について学び、保全し、地域振興を図るための人材育成、持続可能な経済活動、ジオパークの普及・啓発に関する事業を行い、人と自然とのふれあいを通じて心の豊かさと潤いを実感できる社会の実現に寄与するための活動を行っています。

お問合せ先

TEL 080-2708-7809

おおいた豊後大野ジオパークガイド 写真01
   
おおいた豊後大野ジオパークガイド 写真02 おおいた豊後大野ジオパークガイド 写真03